SNMPトラップを受信し内容表示できるWindowsフリーソフト「trap receiver」

サーバー機器やネットワーク機器の故障をSNMPで監視しているケースは多いのではないでしょうか。
そんな身近な技術ながらなかなか理解が難しいのがSNMPというプロトコルです。

SNMP trapの中身を確認出来るソフトを紹介します。

 

SNMPトラップを受信し内容表示・確認できるWindowsフリーソフト「trap receiver」

image
Trap Receiver

Windowsにインストール出来るフリーソフト「snmp trap receiver」です。
上記のように、ソフトをSNMPマネージャで起動させておき、SNMPエージェント(監視対象)からtrapを送ると受信したSNMP Trapの中身を見れます。

t中身をみたいtrapの「行」をダブルクリックすると詳細が見れます。

 

インストール環境(SNMPマネージャ側):

  • Windows Server 2012
  • Trap Reciver 8.20

image

「MIB」と良く呼ばれるものは、本来は監視対象機器内のSNMPデータベースを示します。
しかし、そのMIBの中身はOIDと言われる意味不明の数字の羅列です。
それを人間がわかるように通訳してくれる「MIBファイル」というものがありますが、こちらを「MIB」「MIB」と呼ぶ人もいますので、ご注意を。

 

snmp trapの中身がどうなっているか確認する方法

image

「trap receiver」では上記のようにSNMP Trapの中身が確認できます。
SNMP trapってこうなっているんですね!

SNMP Trapの送信されたバイナリデータも見れます。

image

 

snmpエージェントからどのバージョンのtrapが飛んできたのか確認できる

image

「trap receiver」ではtrapで送られてきたSNMPのバージョンも確認が出来ます。
やはり、SNMPv2cの方が、SNMPv1より情報が多いですね!
また、SNMPのフォーマットが違うことも「trap receiver」表示からわかります。

SNMPv1

    • Community
    • IP Address
    • Sender OID
    • Trap Type
    • Specific Type
    • TimeStamp

SNMPv2c

  • Community
  • IP Address
  • Request ID
  • Error Index
  • Error Status

 

「snmp trap receiver」のインストール方法

1、以下のサイトから「snmp trap receiver」をダウンロードします。

image

Trap Receiver

image

2、ダウンロードしたzipを解凍して「TrapRcvr.msi」を実行

image

3、インストーラーでウィザードを進めTrap Receiverをインストールします

image

image

image

image

これでインストール完了です!
SNMP Trapの世界を楽しんでください

 

参考までにSNMP trapではなく通常のSNMPはポーリングで監視しています

image

違いは、通知方法ですね。
監視対象機器のMIBをポーリングで監視するか、監視対象機器のイベント発生時にトラップで通知するか。
どちらにしても、SNMPは奥が深く難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です