NTPサーバから時刻同期データ受信が出来ない?Windows Timeサービスのデバッグログを有効にする方法

Windowsの場合、「Windows Timeサービス」がNTPプロトコルで時刻同期しています。
しかし、時刻同期が何故か上手くいかない、、、
そんな時にWindows Timeサービスのデバッグログを取得し解析することも可能です。
(デバッグログを取得しても中身を理解できるかどうかは別ですが)

w32tm(「Windows Timeサービス」)のデバッグログを有効にする方法

image

ログ開始手順:

image

任意のタイミングで約 30分間程、取得し続けます。

  1. cmd.exe を [管理者として実行] します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

w32tm /debug /enable /file:c:\temp\w32time.log /size:300000000  /entries:0-300

/file で指定したファイルがデバッグログファイルです。
Local Service アカウント(「Windows Timeサービス」の実行権限)に対しての書き込み権限が付与されている既存フォルダであれば、c:\temp 以外のフォルダでも構いません。

  • 影響:

OS 再起動の必要性も無いです
ログを記録することで負荷が上がる可能性は考えられますが、通常、実影響はありません。

  • Windows 7
  • Windows Server 2012

で実行出来ました。

ログ停止手順:

image

取得開始から 3 時間程経過しましたら、/file オプションで指定したファイルを採取します。

  1. cmd.exe を[管理者として実行]します。
  2. 以下のコマンドを実行します。

w32tm /debug /disable

 

その他、以下のコマンドも問題解決の助けになる場合があります

image

Windows タイム サービスの状態を表示します。

W32tm /query /status /verbose

プログラムのネットワークセッション状況がわかります

netstat -anob

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です