NetAppのRAID-DRディスク本数違いでストレージ性能測定をしてみた結果

NetAppのRAID構成を考えた時に、ディスク本数について悩む。
選択肢は、以下の選択肢があるがどちらの本数のRAID構成がストレージパフォーマンス性能として良いのでしょうか?
比較してみました。

image

  • 全部でRAID-DP
    エンクロージャー24本のディスクの内、ホットスペアディスク2本確保し、残りの22本で大きいRAID構成を組むか
  • 半分でRAID-DP
    エンクロージャー24本のディスクの内、ホットスペアディスク2本確保し、残りの11本で半分のRAID構成を二つ組むのか

性能としてはどちらが良いのでしょうか

検証環境(環境・前提条件)

  • VMware ESXi 5.5 U2
    HP DL360 G9 メモリ192GB 10Gigabitサーバ アダプタ
  • 10Gbpsスイッチ
    5700-32XGT-8XG-2QSFP
  • カテゴリー6A LANケーブル
  • NetApp FAS2520、OnTap 8.3
    DS2246 SAS 1.2TB 10Krpm × 24本

上記構成を使用し、RAID-DPを2パターン用意し、RAID-DB上にアグリゲート、フレックスボリュームを用意し
VMwareからNetAppをデータストアとしてNFSマウントし、VMware上の仮想マシンでストレージ性能測定を行いました。

使用した仮想マシンは

  • Windows server 2008 R2 メモリ4GB

仮想マシン上で実行したベンチマークソフトは

  • CrystalDiskMark 3.0.4

です。

結果、ほぼ変わらなかったがディスク本数が多い方が

今回のテスト内容でストレージのパフォーマンス測定をしましたが結果はほぼ変わりませんでした。

  • 半分でRAID-DPを組んだ場合のストレージ性能測定結果

netapp-d9-mtu1500-0

一つのRAID-DPを半分のディスクを使用し、アグリゲートを一つ組み、その上にフレックスボリュームを作成した場合です

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.4 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   447.297 MB/s
          Sequential Write :   174.624 MB/s
         Random Read 512KB :    84.772 MB/s
        Random Write 512KB :   143.451 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     1.047 MB/s [   255.6 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     4.009 MB/s [   978.8 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    15.796 MB/s [  3856.4 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    66.554 MB/s [ 16248.5 IOPS]

  Test : 4000 MB [E: 0.2% (0.1/40.0 GB)] (x5)
  Date : 2015/06/04 19:43:04
    OS : Windows Server 2012 R2  [6.3 Build 9600] (x64)
 

  • 全部でRAID-DPを組んだ場合のストレージ性能測定結果

netapp-d20-mtu1500-0

一つのRAID-DPを全部のディスクを使用し、アグリゲートを一つ組み、その上にフレックスボリュームを作成した場合です

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.4 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   440.532 MB/s
          Sequential Write :   176.699 MB/s
         Random Read 512KB :    91.028 MB/s
        Random Write 512KB :   146.727 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     1.149 MB/s [   280.6 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     4.342 MB/s [  1060.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    27.795 MB/s [  6785.8 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    65.058 MB/s [ 15883.4 IOPS]

  Test : 4000 MB [D: 0.2% (0.1/40.0 GB)] (x5)
  Date : 2015/06/04 18:56:47
    OS : Windows Server 2012 R2  [6.3 Build 9600] (x64)
 

  • 半分でRAID-DPを組んで二つ使用した場合のストレージ性能測定結果

netapp-d9x2-mtu1500-0

二つのRAID-DPを使用し、アグリゲートを一つ組み、その上にフレックスボリュームを作成した場合です

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.4 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   451.632 MB/s
          Sequential Write :   174.879 MB/s
         Random Read 512KB :    90.571 MB/s
        Random Write 512KB :   142.806 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     1.156 MB/s [   282.3 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     6.394 MB/s [  1561.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    24.669 MB/s [  6022.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    66.765 MB/s [ 16300.0 IOPS]

  Test : 4000 MB [F: 0.2% (0.1/40.0 GB)] (x5)
  Date : 2015/06/04 19:07:24
    OS : Windows Server 2012 R2  [6.3 Build 9600] (x64)
 

まとめ。結果どちらのディスク本数のRAID-DPを採用したかというと「全部でRAID-DP」

一点気になったのはディスクのシーケンシャルリード値です。
シーケンシャルリード値が、NetApp上のパフォーマンス状況を見ていたところ、すべてがディスクまでアクセスが行っていませんでした(NetAppのキャッシュ上の可能性大)
なので、パフォーマンス性能的には変わらなく見えたのだと思います。

しかし時々、なんの条件かは不明でしたが「半分でRAID-DP」を組んだ方がシーケンシャルリードが遅い時がありましたので、今回の結果理論上も踏まえて「全部でRAID-DP」を採用しました。
(理論上はリスク本数が多い方がパフォーマンスが良い。ただし故障時のリスクは増える)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です