NetAppのストレージパフォーマンス性能。RAID-DP SAS1000rpm23本の場合

NetAppのストレージパフォーマンスを測定してみました

NetApp FAS2240A-4のストレージパフォーマンス性能測定

以下のようにストレージパフォーマンス性能の測定しました。
NetAppをNFSでVMwareでマウントし、VMware上の仮想マシン上でストレージ性能測定ツール(CrystalDiskMark)を実行させました

image

ストレージパフォーマンス測定の環境

NetAppFAS2240A-4

  • CPU:Xeon 1.73GHz Dual-Core x 2   
  • メモリ:12GB
  • NVRAM:1.5GB(メインメモリから割り当て)
  • 内臓SAS:6Gb SAS port x 4
  • OS:Data ONTAP 8.1.2P4
  • ディスク:SAS 600GB 1000rpm 23本でRAID-DP

VMware vSphere ESXi 5.1

  • 1Gbps LANネットワークでNetAppとNFS接続
    (VMwareチーミング、NetAppリンクアグリあり)

仮想マシン

  • CPU:1
  • メモリ:4GB
  • 仮想ディスク:シンプロビジョニング、40GB
  • OS:Windows Server 2008 R2
  • ディスクベンチマークソフト:CrystalDiskMark 3.0.3

win2008r2-4gb-sas-vm

ディスクベンチマークでの測定結果

win2008r2-4gb-sas

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   108.140 MB/s
          Sequential Write :   101.141 MB/s
         Random Read 512KB :    64.128 MB/s
        Random Write 512KB :    95.880 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     1.196 MB/s [   292.0 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     8.878 MB/s [  2167.5 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    30.646 MB/s [  7481.8 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    91.991 MB/s [ 22458.6 IOPS]

  Test : 4000 MB [C: 27.5% (11.0/39.9 GB)] (x5)
  Date : 2013/12/02 16:44:46
    OS : Windows Server 2008 R2 Server Standard (full installation) SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
 

ディスクベンチマーク性能結果考察

ネットワークが1Gpbsより、換算すると1Gbps=125MB/sとなるので、シーケンシャルのwrite/readはNFSのネットワークがネックになっている可能性が高い。
NetAppの特性から、やはり読み取りよりも書き込みが早い印象がある。4K QD32が読み取りも早いが書き込みも早いので驚いた、やはり高性能なストレージなのだろう。

比較参考、SAS 450GB 15rpmでRAID1を組んだ物理サーバーのディスクパフォーマンス

比較対象の参考値まで以下の物理サーバーでのディスクパフォーマンス性能結果は

  • ホスト:VMware vSphere ESXi 5.1
  • 内臓ディスク:450GB 15krpm SC 3.5型 6G SAS 2本でRAID1構成
  • ゲストOS:Windows Server 2008 R2
  • CPU: 1
  • メモリ:4GB
  • 仮想ディスク:シンプロビジョング

要するに同じゲストOSで内蔵ディスクVMware上でディスクパフォーマンス性能を測った結果です

win2008r2-4gb-raid1

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   226.511 MB/s
          Sequential Write :   185.261 MB/s
         Random Read 512KB :    91.722 MB/s
        Random Write 512KB :   150.538 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     1.118 MB/s [   273.0 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     6.144 MB/s [  1500.0 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     4.685 MB/s [  1143.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     6.028 MB/s [  1471.7 IOPS]

  Test : 4000 MB [C: 31.4% (12.5/39.9 GB)] (x5)
  Date : 2013/12/02 19:56:21
    OS : Windows Server 2008 R2 Server Standard (full installation) SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

比較すると、
NetAppでは512Kの読み取りが遅いのと、やはりNFSの1Gbpsネットワークがネックになっているのが気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です