Get-VM・Get-VMguestで取得できる仮想マシン・ゲストOS情報とプロパティの一覧。VMware PowerCLI

WMware PowerCLIでいろんな情報を入手できるのですが、
ゲストOSに対する情報はどのように入手し、どのような情報を一覧で入手できるのでしょうか?

 

Get-VM・Get-VMguestで取得できる情報・プロパティの一覧。VMware PowerCLI

image

環境・前提条件

  • VMware vSphere 5.5 U1
  • VMware vShpere PowerCLI 5.5 Release 2 Patch1
    (Windows Server 2012にインストールしました)

簡単に言いますと、

  • get-vm は仮想マシンの情報が入手できます
  • get-vmguestはゲストOS(仮想マシン上にインストールされたOS)の情報が入手できます

 

Get-VMで取得できる仮想マシン情報・プロパティの一覧。

image

get-vm <仮想マシン名> | select *

上記のコマンドで確認が出来ます。
取得できるゲストOSの情報は

  • PowerState : 仮想マシンのパワー状態
  • Version : 仮想マシンバージョン
  • Description : 説明
  • Notes : ノート・メモ
  • Guest : ゲストOS情報
    • NumCpu : 仮想マシンのvCPU数
    • MemoryMB : 仮想マシンのメモリサイズ
    • MemoryGB : 仮想マシンのメモリサイズ
    • HardDisks : 仮想ハードディスク情報・数
    • NetworkAdapters : 仮想マシンのNIC情報・数
    • UsbDevices : USBドライブ情報・数
    • CDDrives : CDドライブ情報・数
    • FloppyDrives : フロッピードライブ情報・数
    • Host : 仮想マシンが稼働しているホスト情報
    • HostId : hostID
    • VMHostId : hostID
    • VMHost : 仮想マシンが稼働しているホスト情報
    • VApp : VAPP
    • FolderId : フォルダID
    • Folder : フォルダ名
    • ResourcePoolId : リソースプールID
    • ResourcePool : リソースプール名
    • PersistentId :
    • UsedSpaceGB : 仮想マシンが使用しているストレージサイズ
    • ProvisionedSpaceGB : 仮想マシンが予約しているストレージサイズ
    • DatastoreIdList : 
    • HARestartPriority :
    • HAIsolationResponse :
    • DrsAutomationLevel :
    • VMSwapfilePolicy :
    • VMResourceConfiguration :
    • Name : 仮想マシン名
    • CustomFields :
    • ExtensionData :
    • Id :
    • Uid :
  • Client :

です

 

Get-VMguestで取得できるゲストOS情報・プロパティの一覧。

image

get-vmguest <仮想マシン名> | select *

上記のコマンドで確認が出来ます。
取得できるゲストOSの情報は

    • OSFullName : ゲストOSのバージョン
    • IPAddress : ゲストOSのIPアドレス
    • State : ゲストOSの起動状況
    • Disks : ゲストOSのディスク容量、空き領域
    • HostName : ゲストOSのホストネーム
    • Nics : ゲストOSの接続先ポートグループ
  • ScreenDimensions : ゲストOSのスクリーンサイズ
  • VmId : ゲストOSの仮想マシン内部ID
  • VM : 仮想マシン名
  • VmUid : VMUID
  • VmName :仮想マシン名
  • Uid : UID
  • GuestId : ゲストOSの種別
  • ToolsVersion : ゲストOSにインストールされているVMware Toolsのバージョン
  • ExtensionData
  • Client
  • GuestFamily

です。

 

PowerShellの出力をCSV形式のタブ区切りで出力する

以下のように仮想マシンの情報をPowerCLIを使用し出力できます。
サンプルスクリプトを記載します

$_USER="administrator"
$_PASS="password"

$_SERV="vcenter-server"

$_HOME="c:\temp"
$_OUTP="get-vm.log"

Add-PSSnapin VMware.VimAutomation.Core

cd $_HOME

Connect-VIServer -Server $_SERV -User $_USER -Password $_PASS

get-vm | select Name,Version,Host,Folder,ProvisionedSpaceGB,UsedSpaceGB |Export-csv $_OUTP

Disconnect-VIServer -Server $_SERV -Confirm:$False

Export-csvにパイプすることにより、タブ区切りのCSV形式に出力できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です