fluentdをwindowsサービス登録する方法。fluentd起動オプション指定

fluentdをwindowsにインストールしたら、次にfluentdをwindowsにサービス登録し、自動でfluentdが起動するようにしておきましょう。

Windowsにfluentdをサービス登録する方法

image

fluentd –?

を実行すれば、fluentdのヘルプが見れてWindowsサービスに登録する方法がわかります。

fluentdをWindowsサービスに登録

以下のコマンドを実行します。

fluentd --reg-winsvc i

image

これでfluentdがWindowsサービスに登録されました。
fluentdのWindowsサービス情報を見てみましょう。
「services.msc」を実行し「Fluentd Windows Service」サービスがあることを確認します。

image

ただこのままでは、fluentd設定ファイル(fluent.conf)の情報等オプション情報が記載されていません。fluentdのオプション情報を記載しましょう

「Fluentd Windows Service」サービスにfluent.confとログ出力をオプション設定する

以下のコマンドを実行しましょう

fluentd --reg-winsvc-fluentdopt "-c c:\fluentd\fluent.conf -o c:\fluentd\fluent.log"

image

その後「Fluentd Windows Service」サービスを実行させ、オプション指定したパス(c:\fluentd\fluent.log)にログ出力がされていることを確認します。

net start "Fluentd Windows Service"

image

fluentdの設定ファイルもオプション指定したパス(c:\fluentd\fluent.conf )から読み込んでいることが確認できます。成功ですね!

「Fluentd Windows Service」サービスもスタートアップの種類を「自動」にしOS起動時にfluentdを自動起動にしておきましょう

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です