Cドライブをwinsxsが容量圧迫。削除し空き容量を増やす方法

Windows 7のCドライブが空き容量が無くなってきました。
ディスク使用率を調べてみたところ、「winsxs」というフォルダが結構なディスク容量を消費していました。

winsxsを削除するにはどうしたら良いのでしょうか?

環境・前提条件

今回の対象のパソコンは

  • Windows7

でした。その他のWindows OSでも似たような機能がありますので同じように試してみてください。

結論、ディスククリーンアップを実行する

image

(上記画像はディスクサイズを計算するフリーソフト「FileSum」でどこのフォルダが最もディスク容量を消費しているのかを可視化したものです)

「winsxs」フォルダはwindowsシステムが使用しているフォルダなので、勝手に手動でファイルを削除するわけにも行きません。
この「winsxs」のディスク使用量を減らすには、Windows標準機能の「ディスククリーンアップ」を使用します。

1、ディスククリーンナップの起動

image

Windowsスタートメニューの「プログラムとファイルの検索」に「ディスク」と入力し、出てきたプログラムの
「ディスククリーンアップ」をクリックし実行します。

2、ディスクのクリーンアップドライブの選択

image

Cドライブを選択し、「OK」ボタンを押します

3、ディスク計算中。待ち

image

しばらく処理待ちします。
結構長いです、環境によると思いますが10分くらい待ちました

4、Windows Updateのクリーンアップ

image

削除するファイルに「Windows Updateのクリーンアップ」にチェックが入っている事を確認し
「OK」ボタンを押します。

image

「ファイルの削除」ボタンを押します

5、また待ち。クリーンアップ中。

image

ダイアログは自動で消えてしまします。
次回、Windows OS起動時に削除処理が走ります

6、手動でWindows再起動、待ち再び

IMG_7230

結構処理に時間がかかりそうでしたので、パソコンをほったらかしにしてしましました。
結果として、イベントログからは20分くらいは何かしら処理をしていた形跡がありました。

ディスククリーンアップした結果!5GB程度空き容量が増えた

  • ディスククリーンアップ前

image

空き容量は17GB程度ですね。

  • ディスククリーンアップ後

image

空き容量が22.5GB

ざっと、5GB~6GBの空き容量を確保できました。
空き容量の確保は、ほぼwinsxsの容量現象のおかげでした。

image

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です