CドライブをWindows標準コマンドcipherで実行できるのか?データ完全消去

パソコンの破棄や手放す前にはハードディスクは完全に消去したいですよね。
破棄ならばハードディスクの物理破壊がベストですが、譲る等の手放す場合は、そうもいきません。

そこでWindows標準コマンド「cipher」を実行しデータを完全消去したいのですが
システムドライブ(Cドライブ)でも「cipher」は実行できるのでしょうか?

前提条件・環境

  • Windows 10 Pro

データがすべて削除されたOSクリーンインストール状態(OS再インストール状態)で実行

結論、Cドライブでも「cipher」は実行できました!

Cドライブでも「cipher」は実行できました。
つまり、再インストールしたOSファイル以外のデータ完全消去してくれています。

cipher実行中Cドライブの空き領域はどうなっているの?

cipher実行中、Cドライブの空き領域はみるみる食い尽くされていきます。
つまり、一時的には空き領域0近くなっていると思われます。
システム領域の空き領域0はシステムの稼働自体が不安定になる可能性がありますので、cipher実行中は

  • パソコンをなるべく触らない
  • 余計なプログラムを実行しない

といった状態で、Cドライブをcipherします。

おさらい。cipherコマンドって何?

 

cipherコマンドは、本来のコマンド目的としましては

NTFS パーティション上のディレクトリ [ファイル] の暗号化を表示または変更します。

というコマンドです。
しかし、「/W」オプションを使用すると、ハードディスク上の見えないデータ(ゴミ箱に消したデータ)を完全消去するツールになります。

  • ボリューム全体で利用可能な未使用のディスク領域から、データを削除します。
  • ローカル ボリュームのどの場所にあるディレクトリでも指定できます。
  • ディレクトリがマウント ポイントである場合、または別のボリュームのディレクトリを指し示す場合は、そのボリュームのデータが削除されます。

つまり、OS上からファイル認識しないデータ、ごみ箱から消したデータを完全に削除してくれるコマンドです。

ハードディスク削除の一番ベストは、

  1. Dドライブなど(Cドライブ以外)ならば全部データを削除し、ごみ箱に入れ
  2. そのごみ箱も「ごみ箱を空にする」
  3. 最後にcipherコマンドでDドライブを完全消去

というのがベストですが、cipherコマンドを実行するためにはOS(システム)が必要で、Cドライブはさすがに臀部のデータを削除し、ごみ箱に入れ、「ごみ箱を空にする」わけにはいきませんので、今回は無駄なデータをすべてごみ箱で削除したWindowsで、その他のCドライブの空き領域を完全消去した形になります。

つまり、CD・DVDでWindows起動して、Cドライブをcipherコマンドで実行できればベストなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です