ARCserve RHA(レプリケーション)はシナリオの実行時に同期のスキップも可能

ARCserveレプリケーションは、通常時バックアップ時間が少ないのが魅力です
バックアップ時間が長くなりがちなサーバーと言うと、ファイルサーバーになるのですが
厄介なのは、何らかの理由でレプリケーションのシナリオが停止してしまった場合です
それは、再びシナリオを実行するのに”同期”という時間が長くかかってしまうからです(同期はバックアップで言うフルバックアップに値します)

もしも、レプリケーションを行っているサーバー同士でレプリケーション(のシナリオ)が停止してしまったとして、そのサーバーたちに差異がないとしても、再びレプリケーション(のシナリオ)を実行するのに、長時間かかる”同期”という処理を普通には行わなければなりません

同期をさせないでレプリケーションのシナリオを実行させる方法は無いのでしょうか?実はあります

同期をさせないでレプリケーションのシナリオを実行させる方法

環境:

  • バージョン情報:r16 SP2
  • Windows Server 2008 R2

レプリケーションのシナリオ実行時に「同期のスキップ」チェックボックスがある

image

この「同期のスキップ」チェックボックスにチェックして「OK」を押すと、レプリケーションのシナリオ実行時にも、初回の同期処理は走りません

まとめ

レプリケーションのシナリオ実行時に「同期のスキップ」をして同期させないでレプリケーションさせる方法はあります
ただし、自己責任になりますけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です