保守会社がリモートデスクトップでリモート接続する場合のWindows CALは誰が所有するのか?

保守会社が導入したWindows Serverに対し、引き続きWindows Server にリモート接続してメンテナンスする場合にも、やはりCALが必要です。
この場合、Windows CALは誰が所有するものなのでしょうか?

 

保守会社がリモートデスクトップでリモート接続する場合のWindows CALは誰が所有するのか?

image
問い合わせ先 - マイクロソフト ボリューム ライセンス

マイクロソフト ボリューム ライセンス オンライン コンシェルジェ に聞いてみました。

 

結論。ユーザーが保守会社分のWindows CALも持つケースが多い

マイクロソフトで聞いたところ、ユーザーが保守会社分のWindows CALも持つケースが多いそうです。
マイクロソフトのライセンス的には
CAL につきまして、サーバーライセンスと同一名義の必要がございます。」
このルールを守らないとライセンス違反となってしまいます。

ということで、
Windows Server ライセンスを購入したユーザー側が保守会社用のCALも用意することになるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です