仮想マシンの監視とは?何をトリガーにしてHAを起こすのか、VMware仮想マシンHA

VMware vSphere 5.xには、vSphere HA(ESXホストのHA)以外に、仮想マシンを監視しHAを実行する監視が実装されています。
通常、デフォルト設定では無効になっていますが、「仮想マシンの監視」とは何を監視し、何をトリガーにしてHAを起こしているのでしょうか?

 

VMwareの仮想マシンの監視とは?何をトリガーにしてHAを起こすのか

image

デフォルト設定では、「仮想マシンの監視」は”無効”になっています。

 

構成環境:

  • VMware vSphere ESXi 5.1
  • VMware vSphere vCenter 5.1

 

VMware Toolsのハートビート監視と仮想マシンのI/Oアクティビティを監視

image
vSphere 可用性ガイド Update 1 ESXi 5.0 vCenter Server 5.0 P27

仮想マシンの監視によるHAを以下をトリガーとしています

  • VMware Tools のハートビート
  • 仮想マシンのI/Oアクティビティ

が設定した時間内に受信できなかった場合起こります。
仮想マシン内でVMware Toolsサービスが停止しただや、仮想マシンのネットワークが疎通不可ではHAは発生しません。
不要なリセット(HA)を防ぐため、仮想マシンのIOも監視しているということですね

 

仮想マシンHAが起きるかどうかテストする方法。動作確認方法

image

上記、仮想マシンHAを起こすためのトリガーを見る限り、IOを監視しているので、仮想マシンHAをテスト的に発生させるのは通常では出来ません。
仮想マシンHAの設定が確かに動くかテストする方法としましては、仮想マシンをCDブートさせて起動しておくと動作が確認出来ます。
仮想マシンの監視を「高」で設定し置くと、上記のようにCDブートした仮想マシンは5分くらいでパワーオフされ再起動(次回はWindowsが起動してくる)がかかります。

また、仮想マシンHAが発生しますと、VMwareにアラートが上がります。
VMware側(vCenter側)でも仮想マシンHAが発生したことを確認できます
image

 

アプリケーションの監視について

image
押さえておきたいvSphereの基本-可用性編 vSphere HA/FT | Japan Cloud Infrastructure Blog - VMware Blogs

アプリケーションの監視は簡単には利用できないようです。

  • アプリケーションの監視をサポートしたサードパーティ製のアプリケーション監視ソフトウェア

もしくは

  • Enterprise PlusライセンスでサポートされるApp HA によるアプリケーション監視の仕組み

が別途必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です