マイクロソフトsurfaceでのWindows OS比較整理

Windowsの動作するマイクロソフト純正のハードウェア「Surface」の購入を考えた時に、今現在、Surface実は何種類かあるんです。

  • Surface
  • Surface Pro
  • Surface 2
  • Surface Pro 2

一体何がどう違うのか?

Surfaceバージョンでの違いは?

image
参考、Microsoft Surface - あなたに最適なタブレットを見つける

 

結論。特にWindows OSのバージョンとエディションに違いがある

Surface 種類 搭載OSの種類
Surface Windows 8.0 RT
Surface Pro Windows 8.0 Pro
Surface 2 Windows 8.1 RT
Surface Pro2 Windows 8.1 Pro

まず、Windowsのバージョンが8.0と8.1で異なるんです。

Windowsのエディション「RT」とか「Pro」とは。一体何?

ざっくり言うと、「RT」はタブレットOSで、「Pro」はパソコン用のOSです。このOSの種類で出来ることが異なってきます。

image

マイクロソフトは、「Surface Pro」をタブレットの形をしたラップトップと表現しています。
”ラップトップ”とは、”ノートパソコン”とほぼ同じ意味です。

Windows RTでは、パソコン並みの操作は出来ず、タブレット用途しか操作出来ないですが(パソコン上のアプリは動作しない)、
まだWindowsストア(RTで動作するアプリ販売場所)のアプリもまだ充実していないく、不満を持った感想の方もいたようです。
今現在使用しているWindowsのアプリも動作させたいとしたら、動作可能性がある「Pro」を選択する必要がありますね

 

Windows RT 8.1 と Windows 8.1 の比較

image
参考、Windows RT PC - Microsoft Windows

Windows RT 8.1 で実行できるのは、プリインストールされたアプリまたは Windows ストアからダウンロードしたアプリのみです。

Windows 8.1 と Windows 8.1 Pro では、従来のデスクトップ アプリケーションと Windows ストアからダウンロードしたアプリを使うことができます。

 

エディションの比較

image
参考、エディションの比較 - Microsoft Windows

厳密に言うと、「RT」以外にWindows 8.1 と Windows 8.1 Pro のエディションが存在します。
「Proなし」と「Pro」の違いは、”ドメイン参加により会社や学校のネットワークに接続可能”といった会社用途か、家庭用途(home)くらいの違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です