パケットキャプチャ無料ソフト。マイクロソフト純正ネットワークモニタのインストール方法

ネットワークのパケットの動きを勉強するのに
また、ネットワークの異常な通信を調べるのにあたり、パケットキャプチャソフトが必要になることがあります。

昔「Ethreal」というフリーソフトがありましたが、その後継ソフトである「Wireshark」も有名ではありますが、マイクロソフト純正のパケットキャプチャソフト「ネットワークモニタ」を今回は紹介します。
(自分はこちらを使用しています)

 

マイクロソフト純正Microsoft Network Monitor のインストール方法

今回は現時点で最新バージョン

  • Microsoft Network Monitor  3.4

を使用し、Windows 7 Pro  32bitへのインストールを行います。

 

1、Microsoft Network Monitor  3.4のダウンロード

image

Download Microsoft Network Monitor 3.4 from Official Microsoft Download Center からダウンロードできます。
自動でダウンロードが開始されない場合は、上記「Click here」をクリックし、該当のインストールモジュールをダウンロードします。
自分の場合は、Windows 7 32bitですので「NM34_x86.exe」をダウンロードします

image

2、NM34_x86.exe の実行

image

ダウンロードした「NM34_x86.exe」を実行します。

3、「はい」を選択する

image

4、「Next」を選択する

image

5、エンドユーザーライセンスに同意し「Next」ボタン

image

6、セットアップコンポーネントで「Typical」(標準)を選択する

image

7、「install」ボタンを押しインストール開始

image

8、「Finish」でインストール完了

image

 

マイクロソフト純正パケットキャプチャソフト。日本語化も

image

インストール完了!
英語なのが玉にきずですが、日本語化パッチを提供してくれている善意の人もいますので、もしも英語で困る方は日本語化パッチの適用を検討してみてはどうでしょうか

image
Microsoft Network Monitor 日本語化 - さよならストレス

自分は英語のまま行きます。

Microsoft Network Monitor  3.4の使い方。パケットキャプチャ方法

image

パケットをキャプチャしたいネットワークアダプタを選択し、「New Capture」ボタンを押します。

image

「Start」ボタンを押すとパケットキャプチャスタートです。
一旦停止「Pause」や停止「Stop」ボタンを押し、キャプチャしたパケットを見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です