バッチファイル処理でリモートサーバーのコマンド操作を実行させる方法。標準コマンドschtasks

サーバー連携がある処理は、可能ならばシーケンシャルに処理が進むように、一つのバッチファイルで実行出来たら良いですよね。
例えば、

  1. APサーバーのサービスを停止して
  2. DBサーバーのサービスを停止する

といったリモートサーバーの操作を実行出来ると良いこともあります。
そんな方法があります。

 

バッチファイル処理でリモートサーバーのコマンド操作を実行させる方法。

image

環境・前提条件

  • Windows Server 2008
  • Windows server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

 

結論、タスクスケジュールで登録し標準「schtasks」コマンドでリモート実行する

image

リモートサーバーに、実行したいコマンドをタスクスケジュールしておけば、そのタスクをリモートから実行することが出来ます。

リモートサーバーに以下のようにタスクスケジュール登録しておき、そのタスクをリモートから実行します。

image

例えば、

schtask /run /tn test /s remote-server /u remote-server\administrator /p password

と実行することで、リモートサーバーのプログラムをリモート実行することが可能です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です