デジカメで間違えてフォーマットして消してしまった写真と動画(m2ts)の復旧方法。復元出来た!

デジカメのSDカードに大切な写真データが入っていたのに、「間違えてフォーマットしてしまった!最悪だ・・・困った。」なんてことはありませんでしょうか?
自分は、この前まさにこのSDカードフォーマットをしてしまいました、、、最悪の気分でした。

しかし、そのまま待って!直ぐに以下の方法を行えば復旧できます!

 

デジカメでSDカードを間違えてフォーマット初期化して消去してしまった時の写真と動画の復旧方法。

IMG_5361

新しいSDカードをデジカメに刺した状態だと思っていたら、
実は古いSDカード(大切な写真が入っている)がデジカメに間違えて「フォーマット」してしまった・・・。

大切な思い出の写真・動画が全消失・・・気分は最悪、さてどーする!?

 

前提条件:

今回のケースはSDカードをフォーマットして写真・動画が全消失してしまった場合の復旧方法です。
フォーマットしてしまった直後の状態で有ることが前提条件です。(フォーマット後、そのSDカードに写真を一枚撮ってしまったという場合は、完全に復旧は出来ないかもしれません)

SDカードを誤ってフォーマットしてしまったら、直ぐにそのままの状態で待って!

今回の自分のケースは

  • デジカメ Panasonic「LUMIX」
  • LUMIXでSDカードをフォーマットしてしまった直後の状態
  • SDカードには思い出の大切な写真が入っていて全部消えてしまった

状態でした。
全部で732写真あったと思われます。

 

写真・動画の誤ってフォーマットしてしまった場合に復旧出来るソフト「PhotoRec」

復旧方法には、Windowsパソコンを使用しまします。
パソコンとSDカードをカードリーダーもしくはデジカメでUSB接続し、フリーソフト「PhotoRec」を使用して、写真・動画データを救い出します。

フォーマットして空っぽになってしまったSDカードから写真・動画をデータをパソコンにコピーして完了となります。

image

上記、フォーマットしてしまったSDカードをカードリーダー経由でパソコンに差して見ると、使用領域は無いことがわかります。空っぽだ・・・
今回使用したカードリーダーは、以下です

Transcend USB 3.0 Super Speed カードリーダー (SD/SDHC UHS-I/SDXC UHS-I/microSDXC UHS-I 対応) ブラック 2年保証 TS-RDF5K

今回の環境:

  • Windows 7
  • testdisk 7.0 (PhotoRec)

結果から言いますと、この方法で
732枚の写真中、457枚の写真が復活し、動画は全て復旧出来ました。
(サムネイルサイズの写真は全部得られましたが完全サイズの写真が457枚でした)
自分の場合は、写真は半分程度の復活ですが、場合によって(SDカードの使い具合次第)はもっと復活できるかと思います。
どちらにしても0よりはマシですし、この方法が一番手間なく綺麗に復活した写真を得ることが出来ました。

 

1,「PhotoRec」のダウンロード

image
TestDisk Download – CGSecurity

上記サイトから、「TestDisk Free download」をダウンロードします。
TestDisk内に、PhotoRecが含まれています。
Windowsパソコン上で解凍します。

2,「photorec_win.exe」を実行します

image

解凍したフォルダ内にある「photorec_win.exe」をダブルクリックで実行します。
もしも「ユーザーアカウント制御」のポップアップが出たら「はい」を押します。

3,フォーマットしてしまったSDカードのディスクを選択します

image

キーボードの上下矢印キーで
フォーマットしてしまったSDカードのディスク(今回の場合、紹介したカードリーダー「TS-TDF5」)を選択します。

キーボードの左右矢印キーで
「Proceed」を選択し、「Enter」キーを押します

4,フォーマットしてしまったパーティション情報を選択

image

矢印キーで、
FAT32でフォーマットしてしまった前のパーティション情報「No partition」を選択し、
「Search」を選択し、「Enter」キーを押します

5,「No partition」のパーティション情報を選択します

image

「No partition」(消してしまった前の)パーティションもデジカメならFATなので
矢印キーで「Other」を選択し、「Enter」キーを押します。

6,パソコンの出力先のフォルダを指定します

image

キーボードの左右の矢印キーでディレクトリを移動し、
写真・動画の出力先のフォルダを決めます。

ここではそのまま何も選択しないで(testdisk-7.0-WIPのフォルダのまま)「C」キーを押します。

7,「recup_dir.1」フォルダが作成され消えたデジカメの写真・動画が出力されます

image

「recup_dir.1」フォルダが作成され消えたデジカメの写真・動画が出力されます。
「recup_dir.1」フォルダ内を見てみてください

ちなみに、出力中の画面は以下のような感じで、処理が終わるまで数十分待ちます

image

8,消してしまったデジカメ写真、救出完了!

image

上記のように「Recovery completed」メッセージが出たら完了です。
今回の場合、489枚完璧に救出できました。
「×」をクリックしプログラムを終了させます。

パソコン上の出力先フォルダを見に行ってみると、写真も動画も復活抽出していました!
m2tsという拡張子の動画を復旧できたのは「PhotoRec」のみでした。

image

 

参考、他の方法では完全に思い出の写真・動画の復旧方法を試してみた

他の削除してしまったファイルを復活させるソフトを試しましたが、完全復旧には至りませんでした。
今回のようにフォーマットしてしまったケースでは、「PhotoRec」が最も有効ということがわわかりました。

他のファイルを形式をディスクを総なめして復活させるソフトでは上手くいかないかった

消去してしまったディスクを総なめし画像ファイル形式を検索して写真・画像を復旧する方法を試みました。(同じフォーマットしてしまったSDカードで)

使用したソフトは

です。
どちらかと言うと「recuva」の方が復旧率は高かったのですが写真が変な写真になっていたものがかなり多かったです・・・。
削除操作したファイルまでも復活している状態ですね。732枚を大幅に超える1,194枚抽出していました(半数以上が壊れた画像ファイルですが、、、)

image

一度消してしまったものなので、最悪コレでもまだマシではありましたが(しっかり復旧できていた写真も中にはあったので)、やはり「PhotoRec」の方法は綺麗な写真データで完全に復旧できるファイルのみ復旧していましたので、選別しなくて済みますね。

あと、この方法ではm2ts動画は全く復活できませんでした。
(画像ファイル形式だけをディスク上から総なめして抽出しているんですね)
ここが「PhotoRec」よりも劣りました。

 

削除してしまったファイルを簡単に復活するソフトでは全然上手くいかない

例えば、以下のようなソフトでは今回のようなフォーマットしてしまったケースでは全く歯が立ちませんでした。
写真復活率は0でした。

これらのフリーソフトは、1枚の写真だけ削除操作をしてしまった場合とかに使うソフトなのかもしれませんね。(ゴミ箱あさり用)

 

まとめ。どの写真・動画レスキュー方法が良かったか?

「PhotoRec」を使った結果

  • 写真が732枚中457枚復旧出来ました。
  • その内、壊れた写真ファイルは0枚でした
  • m2ts動画は全て復旧出来ました

「recuva」を使った結果

  • 732枚中1,194枚を取り出せました。
  • その内、壊れた写真ファイルは564枚でした
  • m2ts動画は復旧できませんでした。

「PhotoRec」に復旧できて「recuva」に復旧できなかった写真ファイルは5枚でした。
「recuva」に復旧できて「PhotoRec」に復旧できなかった写真ファイルは177枚でした。

写真の復旧率は、「recuva」の方が良いですが、壊れたファイルも多いので選別が必要になります。
動画復旧や壊れた写真の選別をしなくても良いトータル的に楽な復旧方法は「PhotoRec」でした。

デジカメで間違えてフォーマットして消してしまった写真と動画(m2ts)の復旧方法。復元出来た!」への3件のフィードバック

  1. らるご

    大変役立ちました!!! 感謝です。
    ソニーのビデオ動画をとりこんだpcのバージョンを戻したら、初期化されて
    ピクチャのビデオが消えてしまい、、、写真は他の無料ソフトで復活が
    できましたが、動画ができずあきらめていました。

    この方法でできました!! 動画は分割はされますが、PCちゃんと残っていました。
    PHOTORECは、こちらのサイトがなかったら、やり方がわからなかったと思います。

    (メールアドレスは、すいません、不安なのでダミーです)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です