シンプロビジョニングの仮想マシンは完全フォーマットしてはいけない。VMware

VMwareのシンプロビジョニングを使用した仮想ディスクは

ゲストOS上から完全フォーマットしてはいけない

クイックフォーマットをするべき気です。

image[3]

 

例えば、

20GBの仮想ディスクをゲストOS上からクリックフォーマットし場合は

「使用済みストレージ容量」ほぼ0ですが

image[9]

 

もしも、

ゲストOS上から完全フォーマット(通常のフォーマット)をした場合

image[45]

 

使用済みストレージ容量はどんどん増えていき、最終的にはフォーマットした仮想ディスク全体の容量(今回の場合20GB)になります

これではシンプロビジョニングの意味が全くありませんね

シンプロビジョニングの効果がまるで無くなり、シックディスクと同等となります

 

まとめ

VMwareでシンプロビジョニングした仮想ディスクは完全フォーマットしてはいけない

シンプロビジョニングで作成した仮想ディスクはクイックフォーマットすべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です