コマンドで一括でパス配下のすべてのサブフォルダのクォータ設定を変更する方法。ハードクォータからソフトクォータに

クォータと聞くと、LinuxやNASをイメージしますが、Windows Server 2003からディスククォータの管理機能が取り入れられました。
そんなWindowsでディスククォータの設定を一括で変更する方法についてです。

パス配下のすべてのサブフォルダのクォータ設定をハードクォータからソフトクォータに一括変更する方法。

image

環境構成

  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 標準コマンドでは存在しない
  • 「ファイルサーバーリソースマネージャ」をインストールすることにより実行できるコマンド

Windows Server 2003から存在するようです。

結論。Windowsコマンド”dirquota”で一括設定変更可能

Dirquota Quota Modify /Path:C:\共有フォルダ /Type:Soft

Window Server 2012でのコマンドオプションヘルプ詳細です

C:\Users\Administrator>dirquota quota modify

このツールは推奨されず、Windows の今後のリリースで削除される可能性があります。ファイル サーバー リソース マネージャー機
能を管理するには、FileServerResourceManager モジュールで Windows PowerShell コマンドレットを使用してください。
パラメーターが間違っています。

既存のクォータを変更します。

このコマンドの構文は次のとおりです:

Dirquota Quota Modify /Path:パス [/Limit:制限値[kb|mb|gb]] [/Type:{Hard|Soft}]
                   [/SourceTemplate:テンプレート] [/Status:{Enabled|Disabled}]
                   [/Reset-PeakUsage] [/Add-Threshold:レベル]
                   [/Delete-Threshold:レベル]
                   [/Modify-Threshold:以前のレベル,新しいレベル]
                   [/Add-Notification:レベル,通知の種類,構成ファイル]
                   [/Delete-Notification:レベル,通知の種類]
                   [/Modify-Notification:レベル,通知の種類,構成ファイル]
                   [/Remote:コンピューター]

   /Path:パス                   指定されたパスのクォータを変更します。
                                次のワイルドカードがサポートされます:
                                   \.   - パスで指定されたフォルダー
                                   \*   - パスの直下のすべてのサブフォルダー
                                   \... - パス配下のすべての再帰サブフォルダー

   /Limit:制限値[kb|mb|gb]      フォルダー サイズの制限を設定します。既定では
                                制限値の単位は KB です。他の単位を指定するには
                                "kb"、"mb"、"gb" を追加します。

   /Type:{Hard|Soft}            クォータの制限を Hard または Soft で指定します。
                                   Hard - 制限を超えることはできない
                                   Soft - 制限を超えることができる

   /SourceTemplate:テンプレート テンプレートからクォータを構成します。

   /Status:{Enabled|Disabled}   クォータを有効または無効にします。
                                   Enabled  - クォータが適用される
                                   Disabled - クォータが無効にされる

   /Reset-PeakUsage             クォータのピーク時の使用率をリセットします。

   /Add-Threshold:レベル        使用率レベル % の通知のしきい値を追加します。
                                このスイッチは複数回指定できます。

   /Delete-Threshold:レベル     使用率レベル % の通知のしきい値を削除します。
                                このスイッチは複数回指定できます。

   /Modify-Threshold:以前のレベル,新しいレベル

                                通知のしきい値を以前のレベル % から新しい
                                レベル % に変更します。このスイッチは複数回
                                指定できます。

   /Add-Notification:レベル,通知の種類,構成ファイル
   /Delete-Notification:レベル,通知の種類
   /Modify-Notification:レベル,通知の種類,構成ファイル

                                しきい値の通知を追加、削除または変更します。この
                                スイッチは複数回指定できます。使用するパラメーター
                                は次のとおりです:
                                   レベル      - 通知のしきい値
                                   通知の種類  - 次のうちの 1 つです:
                                      M - 電子メールの通知
                                      E - イベント ログの通知
                                      C - コマンド ラインの通知
                                      R - レポートの通知
                                   構成ファイル - 構成ファイルへのパス

   /Remote:コンピューター         指定されたコンピューターで操作を実行します。

構成ファイルの構文を表示するには「Dirquota Notification /?」と入力してください。

例:
   Dirquota Quota Modify /Path:D:\scratch /Status:Disabled /Reset-PeakUsage

   Dirquota Quota Modify /Path:D:\users\* /Modify-Threshold:80,70

Windows server 2012のヘルプを見ますと
最終的には、このdirquotaコマンドも無くなり、powershell化されるようですね。

以下、参考情報です

dirquotaコマンドはWindows標準コマンドでは無い

image

Windows標準コマンドでディスククォータを設定するには、fsutilコマンドを使用します。
ただし、この場合出来ることが限られていますので、やはり”dirquota”コマンドを使用した方が便利です

image

 

クォータコマンド”dirquota”をインストールするには「ファイルサーバーリソースマネージャ」役割を追加する

image

「サーバーマネージャー」より、
左メニュー「役割」-「ファイルサービス」を選択する。
役割サービス内の「ファイルサーバーリソースマネージャー」をインストール必要があるので、その横の「役割サービスの追加」をクリック。

「役割サービスの追加」ウィザードで「ファイルサーバーリソースマネージャー」を追加します
image
すると、コマンドプロンプトにて、”dirquota”コマンドが使用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です