ゲストOS上で完全フォーマットされたシンプロビジョニング仮想ディスクをOVFエクスポートした場合のサイズは?

シンプロビジョニングした仮想ディスクはゲストOS上で完全フォーマットしてはいけないことが分かりました
完全フォーマットすると、シンプロビジョニングの使用した領域のみストレージを使用する効果がなくなります
シンプロビジョニングの仮想マシンは完全フォーマットしてはいけない。VMware | puti se blog

 

では、そんな

シンプロビジョニングの効果を失った稼動マシンをOVFエクスポートした時にデータサイズはどれくらいになるのでしょうか?

 

環境:

  • VMware vShpere 5.1
  • ゲストOS Windows Server 2012

 

まずゲストOS上で完全フォーマットを実行

仮想ディスクEドライブをゲストOS(Windows Server 2012)で完全フォーマットした(クイックフォーマットのチェックを外した)

vmware-ovf-export04

 

シンプロビジョニングされたストレージ上で使用済みストレージ領域は25GB

Cドライブ、15GB程度使用
Eドライブ、0GB使用(ただし完全フォーマット済み→10GB)
=25GB程度

vmware-ovf-export03

 

ゲストOSをシャットダウンし、OVFエクスポートを実行

vmware-ovf-export01

エクスポートされたデータサイズは10GB程度と完全フォーマットされただけの使用済みストレージ領域(win2012-disk2.vmdk)はほとんどサイズが無いことがわかる

vmware-ovf-export05

 

まとめ

シンプロビジョニングした仮想ディスクをゲストOSから完全フォーマットすると、ストレージ上から見た”使用済みストレージ”は増えますが
VMWareのOVFエクスポートした場合、この増えた”使用済みストレージ”分が出力されるわけではなく、実際にゲストSOが使用している領域が出力される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です