「ルーター」と「L3スイッチ」の違いとは?ネットワーク用語的な定義

ネットワークエンジニアに「ルーター」ネットワーク機器のことを「L3スイッチ」(レイヤー3スイッチ)と言ったら
「それはL3スイッチではなくルーターです」と訂正されました、、、

ルーターとL3スイッチは、意味合いの違いや定義の違いがあるのでしょうか?

 

結論、「ルーター」の方が「L3スイッチ」より多機能なネットワーク機械です

image

正直、ネットワークメーカーで用語的な公式定義は見当たりませんでしたが、、、
言葉的にとらえて「ルーター」と「L3スイッチ」は範囲が違うことがわかります。

  • 「ルーター」とは、”何か”をルーティングする機械 (概念的で処理範囲定義がない)
  • 「L3スイッチ」とは、イーサネットプロトコルのL3(レイヤー3)をルーティングする機械(スイッチする)

つまり、「ルーター」はイーサネットプロトコルのL3(レイヤー3)以外もルーティングする機械ということです。
(サーバー系エンジニアにとっては、LAN環境のほぼイーサネットのTCP/IPしか意識しないので、「ルーターでもL3スイッチでもどっちでも良いんだよ」となってしまうわけですね)

「ルーター」機器とは具体的に何を意味するの?見極めポイントはLANポート以外にも付いているかどうか

image

ルータ機器とは具体的にどういうものなのでしょうか?
重要なのはLANポート以外にもWAN用のポート(接続インターフェイス)が付いていることがルーターの定義のポイントです。

たとえばヤマハのルーターを見てみますと、ISDNのポートが付いていたりしますよね。
これがルーター機器です。

image

 

「ルーティング」と「スイッチング」の言葉のイメージの違い

image

ルーティングとは、何でしょうか?
例えばシスコ(ネットワークメーカー)のページで以下のように書かれています。

ルータの主な機能は、その名のとおりに経路(ルート)の計算です。あるネットワークから別のネットワークに到達するためには、どのような経路を選択すべきであり、受け取ったパケットをどこに転送するかを決めることです。

つまり、受け取ったパケットをどこに転送するか経路を決めるのがルーティングです。
なのでL3スイッチも、ルーティングしています。

ただ、「スイッチ」という言葉は「ルーティング」という言葉より、簡単に経路を切り替えている(スイッチングしている)イメージですよね。
「スイッチ」という言葉から、L3スイッチは「ハードウェアでルーティングを高速に処理する機械」ととらえている人もいるようです。
実際、L3スイッチではTCP/IPのみの処理なのでハードウェアで高速処理している機械が多く、
一方ルーターでは、マルチプロトコルという柔軟な処理が要求されるためからソフトウェアで処理しているケースが多いです(ルーターでもハードウェア処理する機器もありますので、この「ハードウェア処理がL3スイッチで、ソフトウェア処理がルーター」という考え方は若干違いますけどね)

image

 

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です